WASSER

バッサと 美しく 生きる

間違ったスキンケアのはなし


皆さんこんにちは!
株式会社ササキ広報担当の加瀬です。

 

 

先週告知をさせていただいた通り、本日は「間違ったスキンケア」について
お伝えしていきます。


毎日あんなにがんばっていたお手入れが実は間違っていたのかもしれない…
なかなか改善されない悩みの原因は、長年のスキンケアかも…?

 

少しショックな内容かもしれません。
しかし、今日このブログを見て、スキンケアを見直すことができたらあなたはラッキーです。
このブログをみてない人より、未来のあなたは輝いているはずだから。

それでは本題に入りましょう!

 


間違ったスキンケア①『洗いすぎ』

メイクはオイルクレンジングですっきり落とす!
朝も夜も洗顔石鹸でごしごし!

 

ストップ!
日本人は洗いすぎです。
まず、私たちの日常メイクに洗浄力の強いオイルクレンジングは必要ありません。
お肌を乾燥させてしまいます。


さらに、泡立てが面倒なんて言って手のひらでゴシゴシ洗っていませんか?
洗顔は泡で洗うイメージ!私はいつも、手が一切お肌に触らないように、泡だけでやさしく洗顔をしています。
それだけでも吹き出物や毛穴の黒ずみがぐっと減りました。

 

 


間違ったスキンケア②『擦りすぎ・触りすぎ・気にしすぎ』

クレンジングしながらマッサージ。
毛穴が気になるところはスクラブで角質ケア。
洗顔をして…
導入美容液を塗り、美顔器を使って浸透
化粧水をたっぷりつけてパッティング
仕上げのクリームをつけて
気になる目元、口元には専用クリームを…って

 

ストップ!
今何回お肌に触りましたか?

 

お肌の一番表面にある層、「角質層」の厚さは約0.02ミリ。
ラップくらいの厚さです。
毎日毎日、過剰に擦っていたら、どんどん皮膚は薄くなります。

 

結果、水分を蓄える力も外的刺激からお肌を守る力も弱まり、
深刻な乾燥肌、敏感肌になってしまう方が多くいらっしゃいます。

f:id:wasserofficial:20180929124641j:plain

そうしてひりつきや赤ら顔、かゆみ等のトラブルがでると、慌ててさらに
過剰なお手入れをしてしまう…まさに悪循環への落とし穴です。
そういったダメージが蓄積され、色素沈着やシミ、しわやたるみに繋がっていきます。

お肌に触れるときの強さ、圧力、回数を一度見直して、美肌への第一歩を踏み出しましょう。

 


間違ったスキンケア②お肌を蝕むスキンケアアイテム

皆さん、今お使いのお化粧品は、どんなきっかけで使い始めましたか?
「雑誌で見たから」
「友人に勧められて」
「美容部員におすすめされた」
「口コミが良かった」
いろいろなきっかけがあると思います。
でも購入した時の気持ちに、「これでお肌がきれいになる」という期待が必ずあるはずです。


化粧品会社も、良い製品を作ろうと日々研究、開発に努めています。
しかし、お肌を徐々に蝕む化粧品があるのも事実なのです。


皆さん、合成界面活性剤という成分をご存知でしょうか。
以前こちらのブログでも紹介されていただきました。


お時間のあるときにぜひご覧くださいませ。

 

合成界面活性剤は、簡単にいうと洗剤です。
強い洗浄力を持つ合成界面活性剤は、水と油を混ぜ、乳化を行います。

f:id:wasserofficial:20180929124844j:plain

大部分のスキンケアアイテムは、主成分である水と、お肌に良い保湿成分を混ぜ合わせるために
合成界面活性剤が使用されています。


お肌にのせると、合成界面活性剤は肌表面のバリア機能に穴をあけます。そこから保湿成分をお肌へ浸透させますが、このバリア機能にあいた穴は閉じることはありません。

f:id:wasserofficial:20180929124901j:plain

結果、保湿をしたはずが肌本来のバリア機能を壊し、うるおいを保つことも外部刺激から守ることもできないお肌になってしまうのです。

 

化粧品会社としては、合成界面活性剤を使用すると安価で大量にスキンケアアイテムを製造できますので、商品開発時欠かせない成分となっています。
しかし結果として、良い成分をお肌に届けるためにお肌を壊す、負のループに入ってしまいます。

 


もう一つ、ポリマーという成分をご紹介しましょう。
合成ポリマーと言ってしまうと、これはとても大きなくくりで、
シリコーン樹脂やプラスチック、ポリエステルやナイロン、合成樹脂といったものも合成ポリマーの一種です。

 

よくお化粧品に使われる理由として、つるっとした質感づくりと、ハリをだす効果があります。
しわ、目元用のハリをだすクリームなどはこのポリマーの作用を使ったものが多くあります。
でもこのポリマー、ぬってすぐはこのようにハリを出しますが

 

f:id:wasserofficial:20180929124931j:plain


時間がたつとしぼんでしまいます。
ハリは失われ、残ったカスはそのままお肌に取り残されてしまいます。

 

アイクリーム等を使っていた方の中で、目の周りにシミが増えている方が多いのは、実はこの合成ポリマーが原因だと言われています。クリームを塗るときの摩擦も影響します。


そうしてスキンケアを続けた結果、お肌は徐々に敏感になり、トラブルも増えてきます。

そんな時、皆さんはどうしますか?


「化粧品が合わなくなった」と言って、またよりよい化粧品を探しに行きますよね。
そこでまた合成界面活性剤やポリマーがはいったものを購入してしまったら…
これこそ、化粧品会社が作り出してしまった恐ろしい悪循環なのです。

 


株式会社ササキは、皆さんにこの悪循環に気づいていただきたい、
そして皆さんに、“本当のお化粧品を使ってほしい”という思いでWASSERを開発いたしました。

 

スキンケアというのは、つまり人体へのケアです。
発送の転換で、肌を美しくするならまず、食べられる成分だけで作ってみようと考えて研究に研究を重ね、ついに実現したのが、除菌力があり皮膚引き締め効果で特許も取得したWASSERなのです。


WASSERは無添加を徹底しています。

植物性合成界面活性剤
石油系合成界面活性剤
香料
着色料
合成ポリマー
酸化防止剤
合成防腐剤

上記7つの無添加に加え、スキンケアアイテムはすべてオイルフリー!
お手入れは夜美容液だけ、朝はローションだけの

簡単ワンステップなので、余計な摩擦からもお肌を守ります。

 

f:id:wasserofficial:20180907155933j:plain


他社の商品でも、とても良い商品があると思います。


でも、お肌の悪循環から脱したいなら、ぜひ一度バッサにお任せください。