WASSER

バッサと 美しく 生きる

何もつけないスキンケアのはなし

皆さんこんにちは。

株式会社ササキ広報担当の加瀬です。

 

すっかり景色も秋めいてまいりました。

食欲の秋、読書の秋…皆さん秋を楽しんでいますか?

わたしは食も読書も大満喫しております。

 

先日読んだ1冊の本がとても興味深い内容でした。

 

f:id:wasserofficial:20181102161804j:plain

「何もつけない」美肌術   牛田 専一郎 著

https://www.amazon.co.jp/dp/4391145294/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_yP.2Bb6AWCVEB

 

 

内容が か な り 衝撃的です。

 

 

ざっくりお伝えすると、

 

  1. 基礎化粧品・シャンプー・リンスは使わない
  2. 肌トラブルがあるときはメイクしない
  3. 日焼け止めを使わない
  4. 顔、身体、髪はお湯だけで洗う

 

ほかにも洗濯洗剤についてや、除菌・消臭スプレーは使わない、などなど…

目から鱗…、といいますか、目が飛び出るようなお話がたくさんです。

 

私たちが綺麗になるため、かわいくなるため、頑張っていたことが、実はトラブルの原因になっていた、という衝撃の事実です。そして、それらとの接触をやめて、肌本来の力で美しいお肌を目指しましょう、という内容です。

 

 

化粧品会社の広報が、

「なにもつけない」美肌術を紹介するなんて、どうなんだと思われそうですが(笑)

私はこの本を読み、「なるほど」と納得したのです。

 

 実はこの本の内容は、WASSERに通じるものがあります。

 

f:id:wasserofficial:20181102162252j:plain

この本が基礎化粧品を使わないことを推奨する理由として、

肌本来の優れた力があります。

f:id:wasserofficial:20181102162320j:plain

この非常に優れた天然の皮脂膜と、角質層のバリア機能によって、お肌を外部からの刺激から守り、整菌、保湿を行います。

このバリア機能のおかげで、そもそも大部分の化粧品はお肌に浸透しません。海に時入った時、お風呂にはいったとき、水が浸透しないのと同じです。

 

 

そこに基礎化粧品をつけると、刺激物質などによってたんぱく質(お肌のもと)が変性を起こし、あたらしい皮脂膜がつくられにくくなり、肌本来の機能が低下していきます。

f:id:wasserofficial:20181102162705j:plain

結果、乾燥やトラブルが起き、また化粧品をすり込んで…堂々巡りの悪循環です。

 

 

ここで問題視されているのは、界面活性剤といった刺激物質です。

 

何らかの物質に触れたとき、肌が赤くかぶれることを「接触性皮膚炎」といいます。山芋に触れたときにかゆみがでたり、赤くなったりするのが良い例です。 

f:id:wasserofficial:20181102163943j:plain

この炎症の引き金となる物質を「一時刺激性物質」といい、化粧品やシャンプーもそのひとつです。

 

しかし、WASSERの成分をご存知でしょうか。刺激になるものははいっていません。

主成分である高濃度水素イオン水の水分子は約0.28nm、細胞にある水しか通れないアクアポリンという水路は0.3nmなので、自然に浸透していきます。

細胞までしっかり水分を届け、お肌本来の保湿機能を助けます。

 

f:id:wasserofficial:20181102164100j:plain

 

さらに、WASSERの特徴である常在菌と㏗の調整は、お肌本来が兼ね備えている機能でもあります。

 

つまり、WASSERをお肌に塗ることにより、

これまでのスキンケアで疲れ果てたお肌に対して『健康な本来のお肌が兼ね備えている力』をプラスしてあげることができるのです。

 

 

 

以前、「WASSERは肌断食に近い化粧品ですよね」と言われたことがあります。

肌断食とは、一定期間お肌に何もつけない事なので、当時はあまりピンとこなかったのですが、いまならその言葉の意味が分かります。

 

肌断食は、過度なスキンケアをお休みし、お肌本来の機能を呼び覚ますことです。

WASSERは、お肌本来の機能を手助けします。

 

 

「肌断食をやってみたいけれどちょっと不安」

アトピーに悩んでいて、界面活性剤の使用をやめたいがなかなか難しい」

「今のスキンケアに納得していない」「効果を感じない」

 

 

そんな方に、ぜひWASSERをお試しいただきたいです。

それから、もうスキンケアアイテムをやめる!という決断をされても構わないと思います。

化粧品会社の広報が何言ってるんだ、と笑われそうですが…(笑)

 

 

株式会社ササキは、女性の美と健康を真剣に考えています。

世の女性が、スキンケアの悪循環から解放され、笑顔になる日が来ることを強く、強く願っています。

 

f:id:wasserofficial:20181102164257j:plain

それを叶えるために、WASSERがあるのです。